環境保全活動

環境の取組みについて
  ニチリンは、地球環境問題は人類共通の重要課題との認識のもと、環境との調和を経営課題の一つとし
 て21世紀社会に貢献するため取り組んでいます。環境保全の取り組みを組織的、体系的に実施するため「
 環境理念と環境方針」を作成し、また第三者より実施の状況を確認する手段としてISO14001の認証を取
 得し、環境保全を推進しています。

ニチリンの環境理念・環境基本方針
  21世紀の国際社会において地球環境の保護は私たちに与えられた責務であります。当社は、「環境理念
 と環境基本方針」を2000年に策定し、活動を展開しています。


理  念
  美しい地球環境を守ることは、人類共通の願いであり、当社の企業活動は、環境問題に深く関連してい
 ることを認識し、自然環境破壊及び汚染の防止に対する継続的活動を経営課題と位置づけ、全従業員が環
 境を美しくする活動を実践し、21世紀に貢献する。

スローガン
 資源を最大有効活用することに努力をし、地球環境を破壊しない、汚さない事に役立つ活動を展開する。

 


環境に関する基本方針
1. 環境マネジメントシステムを構築し、環境目的、目標を設定のうえ、各部門が達成の為の活動を展開する。
2. 環境目的、目標は、定期的な見直しを行い、環境保全活動の継続的改善を図る。
3. 全ての部門において、省エネルギー、省資源、リサイクル、廃棄物の削減及び環境汚染の予防活動を推進する。
4. 製品構想、研究開発、設計段階において、部品、資材購入、製造、物流における環境負荷を出来る限り低減するよう工夫する。
5. 生産活動、製品に対して適用される環境関連法規、規制、協定にとどまらず、必要に応じて自主管理基準を設定し、これを遵守、実行する。
6. 環境教育、広報活動を実施して、全従業員の環境保全に関する意識の向上を図り、従業員一人一人が毎日の生活の中で地球環境問題を考え、取り組む。
7. 地域社会との交流を図り、地域の環境保全に取り組む。
8. 環境マネジメントシステムのレビュー及び内部環境監査を年内計画に基づき実施し、方針・目的・目標を必要に応じ見直しをする。
9. 関係仕入先に対してもこれらの方針の達成に対して理解と協力を求める。
10. この環境基本方針は社内外に公表する。
このページの先頭へ▲