投資家情報

Invester Relations


コロナ禍からの着実な回復と新たな成長に向けて

トップメッセージ



当社グループは、コロナ禍からの着実な回復と新たな成長へ向けて新中期経営計画を策定いたしました。新中期経営計画は、引き続き「規模よりもむしろ質重視の経営」に重点を置きながら、「連結経営指針」を示すとともに、新中期経営計画期間(2021年~2025年)のハーフターンである2022年および最終年度である2025年の具体的な連結経営目標を示すことで、「成長分野の強化・拡大と新たな事業の創造によるグローバルでの利益体質の強化」、「グローバル人材の確保と育成」、「Resilience(復元力)の強化と新しい社会への貢献」の3つの全体戦略に従った具体的な重点施策を確実に遂行し、新たな時代に向け挑戦するものです。

CASEといわれる自動車の大きな技術革新が進む中、当社グループは特に地球環境への配慮と次世代電気自動車へのシフトを視野に入れ、自動車分野では製品の軽量化によるCO2削減に取り組むとともに自動車以外の住設分野などの製品群を拡大することで、新たな価値と多様性を兼ね備えた持続可能な企業集団をめざしてまいります。

引き続き変わらぬご支援を賜りますようお願い申しあげます。
                      2020年12月

PAGE TOP